医療と薬

【海外在住者に】オンラインカウンセリングをご紹介【おすすめ】

online counseling thumbnail

あなたは海外生活のストレスをため込んでませんか?

誰かに不平不満をぶちまけて、すっきりできればいいですがそうも行かなんですよね。

「日本人の心理カウンセラーが周辺にいない」
「プライベートな悩みを相談できる相手がいない」
「家族や友人にカウンセリングのことを知られたくない」

こんな方には、電話·メール·Zoomによるオンラインカウンセリングがおすすめです。
海外からでも、日本にいるのと同じように心理カウンセリングを受けられます。

というわけで今回は、海外在住者向けのお悩み相談サービスをまとめてみました。

海外で暮らす家族や友人に、ぜひシェアしてくださいね。

海外から受けられるカウンセリング

海外 こころのヘルプデスク24時

helpdesk24
画像引用:海外 こころのヘルプデスク24時

海外在住(経験)者による、海外在住者·渡航予定者·帰国者向けの日本語オンライン相談サービスです。

  • 料金:無料
  • 予約:不要
  • 相談方法:オンライン会議室Zoom。メール相談も可能。
  • 相談内容:何でもOK。完全匿名で、秘密厳守。
  • 相談相手:心理カウンセラー、傾聴のトレーニングを受けた海外在住または海外経験のあるボランティア
  • ウェブサイト:https://www.helpdesk24.net/

現在は24時間体制を構築中とのこと。

海外で暮らす人にしか分からない、不安や悩みを聞いてもらえるのはありがたいですね。

ちなみに、傾聴とは、耳と目と心を使い、相手の心に寄り添って、話を聴くことだそうです。

cotree(コトリ―)

cotree
画像引用:cotree

cotreeは、日本最大級のオンラインカウンセリングサービスです。

  • 料金:

「話す」カウンセリング

1回分5,000円
3回分13,800円(1回あたり4,600円)
5回分22,000円(1回あたり4,400円)

※「話す」カウンセリング 1回45分。

「書く」カウンセリング

3日間2,500円(1日あたり約833円)
1ヶ月間13,000円(1日あたり約433円)
3ヶ月間32,000円(1日あたり約356円)
  • 支払方法:クレジットカード(JCB、VISA、MasterCard、Amex)、銀行振込、コンビニ決済
  • 予約:オンライン予約
  • 相談方法:ビデオ/電話 または メール
  • 相談内容:何でも相談可能
  • 相談相手:心理カウンセラー、産業カウンセラー、メンタルヘルスカウンセラー、臨床心理士、精神保健福祉士ほか
  • ウェブサイト:https://cotree.jp/

Twitterで#わたしとコトリーというハッシュタグを検索すると、cotree(コトリー)ユーザーの感想や口コミが読めます。

くれたけ心理相談室

kuretake
画像引用:くれたけ心理相談室

  • 料金:90分 11,000円 税込 (状況に応じて時間を分割する場合も。例:45分で2日間等)
  • 支払方法:クレジットカード(Paypal決済)、銀行振込 ※事前支払い
  • 予約:オンライン申込フォーム、電話(日本国内のみ)
  • 相談方法:電話 または オンライン(映像あり・映像なし)Skype・Zoom・LINE・Messenger・FaceTime
  • 相談内容:自分自身のこと、夫婦関係、対人関係、キャリアほか
  • 相談相手:心理カウンセラー
  • ウェブサイト:https://japan.kuretake.info/

カウンセリングサービス

counseling service
画像引用:カウンセリングサービス

  • 料金:
通常カウンセリング(4回セット)銀行振込 13,200円(税込)
通常カウンセリング(4回セット)Paypal 13,790円(税込)
通常カウンセリング(単発)5,280円(税込)
特別カウンセリング5,830円(税込)
  • 予約:オンライン登録後、電話予約
  • 相談方法:電話・Zoom・Skype
  • 相談内容:自分自身のこと、パートナーシップ、対人関係、ビジネスほか
  • 相談相手:心理カウンセラー
  • ウェブサイト:https://www.counselingservice.jp/

各カウンセラーにつき、初回無料電話カウンセリングを1回受けられます。

「あ、この人だ!」

という思えるカウンセラーにあたるまで、何度でも電話カウンセリングを試せます。(お見合いみたいですね)

新型コロナウイルス感染症よろず相談窓口

東京医科大学病院の医師·看護師が新型コロナに関する質問に答えます。

「持病があるから、もし新型コロナにかかったら重症化するかも…」

こんな不安を抱える方は、日本の医療専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

  • 料金:無料
  • 予約:不要
  • 相談方法:Eメール

メールに1)~5)を記入のうえ、 travel3@tokyo-med.ac.jpへ送ります。

  1. 名前またはイニシャル(姓・名)
  2. 滞在国・都市名
  3. 年齢
  4. 性別
  5.  新型コロナウイルス感染症に関する健康相談内容(300文字まで)

うつ病サプリ

utsu-supuri
画像引用:うつ病サプリ トップページ

  • 料金:無料
  • 予約:不要
  • 相談方法:メール (ページの真ん中あたりに【メール相談】があります。)
  • 相談内容:何でもOK。匿名で相談可能。
  • 相談相手:産業カウンセラーや心理カウンセラーなど
  • ウェブサイト:http://www.utsu-s.jp/consul/

うつ病に関する情報をまとめたサイトです。

ひと通り読むだけでも、うつ病への理解が深まりとても勉強になります。

しんどくなる前にカウンセリング

今回紹介した団体・サイトをもう一度おさらいしておきます。

  1. 海外 こころのヘルプデスク24時
  2. cotree(コトリ―)
  3. くれたけ心理相談室
  4. カウンセリングサービス
  5. 新型コロナウイルス感染症よろず相談窓口 by 東京医科大学病院
  6. うつ病サプリ

不安や悩みを相談するのにも勇気がいりますよね。

なので、カウンセリングを受けようと行動を起こした時から、カウンセリングはすでに始まっているそうです。

まずはあなたの悩みをメール相談してみてはいかがでしょう?