カナダ生活

部屋が暑すぎる···知っておきたい涼しくなるアイテム&小ワザまとめ【エアコンなし】

今回は「知っておきたいエアコンなしで涼しくなるアイテム&小ワザまとめ」をお送りします。

最近の夏はシャレにならないほど暑いですよね。今のところ我が家はエアコンなしで過ごしてますが、それもそろそろ限界。暑いものは暑いんです。

チコ
チコ
カナダの夏は短くて、30℃を超える日があまりないので、エアコンなしで今まで生きてこれました。

エアコン以外で涼しくなれないかと、私があれこれ検索して見つけた、便利なひんやりグッズや小ワザをシェアします。

体温を下げる

baby
からだ全体を冷やしたり、ピンポイントで太い血管を冷やしたりすると、上昇した体温がドンと下がります。

ただし、冷やし過ぎは体調不良の原因になるのでほどほどに。

冷たいシャワー·水風呂

手っ取り早く涼しくなる方法といったらまずは水浴びですよね。冷たい水でほてった体を冷やしましょう。

心臓に負担をかけないよう、まずは手や足に水をかけて慣らすのを忘れずに!

メントール成分が入ったシャンプーやボディソープを使うとさらに爽快感アップします。

私はシーブリーズを初めて使ったときスースーしすぎて、このまま凍え死ぬんじゃないかって本気で思いました笑

ピンポイント冷却

pet bottle
保冷剤や冷たいペットボトルを太い血管や皮膚の薄い部分に当てると、効率よく体温を下げられます。

  • わきの下
  • 太ももの付け根
  • 手のひら
  • 足の裏

などの部分を冷やしましょう。

特に手のひらには「AVA血管」なる太い血管が集まっていて、暑くなるとその血管が開いて、熱を放出してくれるそうです。

人間の体って良くできてますよね。

アイスバッグ

ケガの応急処置だけでなく、熱中症対策にも大活躍のアイスバッグ

我が家も今年1人1つずつ購入しました。

結露がなく、凍傷になるようなビリビリした冷たさもないので、うちの子どもたちは抱っこして寝ています。

水漏れしないか、使用前に必ずチェックしてくださいね。

ネッククーラー

パッと見はヘッドホンにしか見えないネットクーラー

小さいのにしっかり冷えるんです。しかもおしゃれなデザインばかり。

仕事、勉強、家事の間も首からひんやり。しっかり熱中症を防ぎます。

冷却ジェルシート

暑さで頭がぼおーっとしていませんか?

そんなあなたは冷却ジェルシートで頭を冷やしましょう!おでこに貼れば、ひんやりスッキリ。

ただし、敏感肌には少し刺激が強いというレビューがあったので、思い当たる方はまずはパッチテストを。

からだを中から冷ます

watermelon
夏野菜や南国で穫れるフルーツは体温を下げるというのはよく知られてますね。

夏野菜: なす、トマト、レタス、きゅうり、ゴーヤなど

南国フルーツ: バナナ、すいか、パイナップル 、グレープフルーツ、オレンジ、キウイ、メロンなど

これらの食材はカリウムや水分を豊富に含んでいて、利尿作用があります。尿と一緒に身体の熱も放出し、体温を下げてくれます。

かき氷と南国フルーツの最強の組み合わせ。美味しそう〜

体感温度を下げる

coffee on bed
コア夫
コア夫
そもそも体感温度ってなに?

知っているようで、よく知らない「体感温度」についてまずは確認しときましょう。

体感温度とは、一般に暑いとか寒いとかで表現される身体の温度に関する感覚を数量的に表そうとしたものをいう。この感覚には環境条件(気温、湿度、気流・風速、熱放射)と人体条件(活動レベル(代謝量)と着衣量)が作用すると考えられている。そのほか、場合によっては健康状態、性別、年齢、慣れなども考慮すべき要素となる。
引用:コトバンク – 体感温度 –

体感温度は人それぞれなんですね。

冷感スプレー

ボディ用、シャツ用、マスク用、寝具用などいろいろな冷感スプレーがあります。

共通しているのはメントールのスーっとする感じで涼しくなること。

スプレーした瞬間より、少し経ってちょっと熱っぽい刺激がきて、その後冷たさがやってきます。

なので、かけすぎには要注意。敏感肌、皮膚が薄い、デリケートな場所に使うときは特に気を付けてください!

冷感インナー

レーヨンやポリエステルが入りでテロンとした冷感インナーは、薄手でさらっとしてるので夏にピッタリ。

汗をかいてもすぐ乾くので、1日中快適に過ごせます。

麻(リネン)素材の服

linen
麻といえば大昔から使われている天然繊維のひとつ。

リネンの服は吸水・吸湿性が良く、サラッとした肌触りがとても心地いい。素朴な風合いも魅力。

麻素材特有のチクチクごわごわも今は改善されているようです。

クールタオル

液体が気化する時、周囲から吸収する「気化熱」を利用したクールタオル

濡れタオルでもひんやりしますが、冷感タオルはひんやりの持続時間が長く、肌ざわりもよいです。

難点は、濡らして使用するので、首にタオルを巻くと服のえりが濡れて気持ち悪いことでしょうか。

\今だけポイント最大10倍!/



楽天市場

\ポイント5%還元!/



Yahooショッピング

冷風扇

ice
水を含ませたフィルターに風を送り、気化熱を利用して体感温度を下げる冷風扇

お部屋全体というより、一部分がスポット的に涼しくなります。冷風扇は机の上、テーブル、ソファ横など好きな場所へ持ち運べるので使い勝手抜群。

タンクの水をミスト状にして、ファンの風と一緒に噴出するので、どうしても部屋の湿度が上がります。換気をこまめにしてくださいね。

窓辺からの熱を防ぐ

window
部屋の熱の約70%は窓ガラスから入ってきます。

確かに日当たりの良い部屋の窓周辺は他の場所と比べて暑いですよね。

ですから、お部屋の暑さ対策は「窓」から始めると効果的。

打ち水

窓の外、ベランダ、玄関などに水をまく打ち水

暑い夏の間は、街のあちこちで見かけますね。打ち水に適した時間帯は朝方と夕方

  • 朝方:地面の温度の上昇を抑える
  • 夕方:熱くなった地面の温度を下げる

気温が高い時間帯に打ち水すると、かえって蒸し暑くなってしまうので要注意です。

チコ
チコ
打ち水は日本の風習で、カナダではあまり見かけません。

遮熱シート

窓にペタッと貼るだけで、日差しをカットして窓からの温度上昇を抑える遮熱シート

窓の暑さ対策で真っ先に思いつく方も多いのではないでしょうか。

遮熱シートには目隠しにもなるので、ちょっとだらしない格好してても外から見えません笑

遮光カーテン

curtain
直射日光をほとんど通さないカーテンが欲しい!

そんなあなたにピッタリなのが、遮光率99.99%以上の遮光1級カーテンです。カーテンを閉ざすと人の顔が認識できないくらいの暗さになります。

お昼寝する赤ちゃんや小さいお子さんがいるお宅には、遮光度100%の「完全遮光カーテン」がオススメ。昼間でも部屋の中が真っ暗になります。

日よけシェード

ひもで簡単に取り付けられ、しかも軽量な日よけシェード

真夏にバルコニーや庭でくつろいだり、子ども達を遊ばせるときに重宝します。

キャンプに持っていけば、UV対策はもちろん外からの目隠しとしても利用できます。

冷感インテリアグッズを使う

cat
真夏の猛暑を少しでも快適に過ごすのに役立つインテリアグッズを紹介します。

冷感ラグ

肌触りはサラサラ、肌が触れた部分がひんやりする冷感ラグ

すべての接触冷感グッズは体の熱がモノに移動することで熱が逃げて冷たく感じるしくみです。

ですから、暑い部屋で温まった冷感ラグに触れても全くひんやりしません。冷感ラグは本来涼しいお部屋で使って、初めて効果を発揮します。

エアコンなしで冷感ラグを使うなら、冷感ラグ自体を冷蔵庫に入れて冷やすという裏ワザがあります。しばらくすると冷感ラグが温まってしまうので、また冷蔵庫へ。

冷蔵庫の臭いが付かないよう、冷感ラグはビニール袋に入れてくださいね。

い草マット·竹ラグ

bamboo
天然素材の冷感がお好みならい草マットや竹ラグという手があります。

い草マットはお部屋の湿度調整や、空気の浄化さらに消臭をしてくれる優れモノ。また、い草の爽やかでなつかしい香りには癒やし効果も期待できます。

一方、竹ラグは通気性と放熱性が高く、綿と比べて-1度〜-3度ひんやり感じます。汗でベタつかずいつもひんやり快適に使うことができます。

\今だけポイント最大10倍!/



楽天市場

\ポイント5%還元!/



Yahooショッピング

アイス枕

冷凍庫でカチカチに凍らせて使用するアイスノンは元祖アイス枕。私も子供の頃お世話になりました。

冷たさが10時間も持続するので朝までぐっすり。

結露が気になる方はタオルを巻いたり、アイス枕用のカバーに入れるといい感じになります。

\今だけポイント最大10倍!/



楽天市場

\ポイント5%還元!/



Yahooショッピング

部屋に熱がこもるのを防ぐ

open concept house
空気の流れをつくったり、室内での熱の発生を減らしてお部屋の温度上昇を抑えましょう。

部屋の換気

open window
換気は部屋の窓を開けるだけ、と思っていませんか?

窓を開けて換気をする時は、少なくとも2カ所の窓を開けて空気の通り道をつくる必要があります。

また、熱い外気を室内に取り込まないために、日中や直射日光が当たる窓を避けて換気します。

エアコンメーカー・ダイキンが紹介している、いろいろな換気方法はとても参考になりますよ。

扇風機·サーキュレーター

fan
あなたは扇風機とサーキュレーターのちがいを知ってますか?

  • 扇風機 = 人に向けて、広範囲にそよそよと風を送るのが目的。主に夏に使用。
  • サーキュレーター = まっすぐでパワフルな風をだし、部屋の空気を循環させるのが目的。オールシーズン使用。

最近は扇風機とサーキュレーターを兼ねる商品がでてきてます。昼間はサーキュレーター、就寝時は扇風機など使い分けると便利ですね。

家電·デジタル機器の電源オフ

tv
冷蔵庫、テレビ、パソコン、充電器などの機器は、手をかざすともわっとするくらい熱を放出しています。

留守中に使用しない機器の電源は外出前に切っておきましょう。

電源を切るわけにはいかない冷蔵庫については、

  • 高温にならない場所への設置
  • 十分な放熱スペースを確保
  • 冷蔵庫内の整理整とん

などの放熱対策をおこないます。

料理や洗濯は涼しい時間帯

pasta
暑い日の食事はさっと茹でたり、炒めたりするだけの簡単レシピにして、煮物や揚げ物は熱気がこもるのでやめときましょう。

炊飯器から出る湯気も熱いですよね。ご飯は朝方に炊いて、昼食まで保温にしたり、パックして冷蔵庫にいれるといいかも。

洗濯機は大量の電力を使うため電源プラグやコードが熱をもちます。洗濯乾燥機はもっと大変で、本体がかなり高温となり部屋がめちゃくちゃ暑くなります。

洗濯物は午前中にやってしまいましょう。

まとめ

今回はエアコンなしで生活する筆者がおすすめする、

涼しくなるアイテムと小ワザをご紹介しました。

どれか1つだけよりも、いろいろアイテムを組み合わせた方が効果的です。

ぜひ今回紹介した内容を参考に、あなたなりに暑さ対策をおこなって夏を乗り切りましょう。