Webアプリ

Amazonアプリの英語表示を30秒で日本語に戻す方法と英語になる5つの原因

文字入力だけでなく音声や画像で商品を探せて、なにかと便利な「Amazonアプリ

Amazonアプリがある日突然、英語表示になってたら焦りますよね。でも大丈夫、日本語に簡単に直せますよ。

この記事では、Amazonアプリの言語設定を変更する方法と英語になる原因を解説していきます。

「英語は苦手…」という方でも手順通りにやればすぐ直せます。

Amazonアプリを英語から日本語に戻す手順

まずはAmazonアプリを起動します。

▽Step1:右下の「≡」をクリック

Amazonアプリの言語設定を変更 ステップ1

Amazonアプリの言語設定を変更 ステップ1

▽Step2:スクロールして、ページ下の「Settings」をクリック

Amazonアプリの言語設定を変更 ステップ2Amazonアプリの言語設定を変更 ステップ2

▽Step3:「Country&Language」をクリック

Amazonアプリの言語設定を変更 ステップ3Amazonアプリの言語設定を変更 ステップ3

▽Step4:「Language: English」をクリック

Amazonアプリの言語設定を変更 ステップ4Amazonアプリの言語設定を変更 ステップ4

▽Step5:「Japanese 日本語」を選択

Amazonアプリの言語設定を変更 ステップ5Amazonアプリの言語設定を変更 ステップ5

▽Step6:日本語に切り替わったのを確認して「終了」!これだけ。

Amazonアプリの言語設定を変更 ステップ6Amazonアプリの言語設定を変更 ステップ6

Amazonアプリの言語設定が「日本語」→「英語」になる5つの原因

そもそも、Amazonアプリはなぜ英語表示になってしまうんでしょう?

おもに5つ原因が考えられます。(アプリだけでなくブラウザでも同様)

  1. 海外サイトにアクセスした
  2. 海外Amazonにアクセスした(している)
  3. Amazonアプリ自体の不具合
  4. 英語を表示した時のキャッシュが残っている
  5. VPNを使って海外のIPアドレスにしている

1.海外サイトにアクセスした

海外のウェブサイトへアクセスした履歴があると、Amazonが勝手に「この人は英語がわかる」認定して、英語表示にしまうことがあります。

2.海外のアマゾンにアクセスした(している)

海外のアマゾン(例:Amazon.com) にアクセスした、または開いている場合は、Settings(設定)で「国」と「言語」をそれぞれ「日本」「日本語」に設定変更します。

3.Amazonアプリ自体の不具合

アプリに不具合がある場合、ユーザーにはどうすることもできません。しばらく時間をおいてから、言語設定し直してください。

4.英語を表示した時のキャッシュが残っている

キャッシュというのは、ウェブページの読み込みを速くしてくれるデータのことです。デバイスに一時的に保存されています。

古いデータが残っていると、以前表示した、過去の情報が出てきてしまいます。

Androidスマホの場合、キャッシュ削除はスマホの「設定」-「アプリ」-「Amazonショッピング」-「ストレージとキャッシュ」からできます。

iPhoneでもほぼ同様の手順です。

5.VPNを使って海外のIPアドレスにしている

海外の動画サイトなどを視聴するためにVPNを使っていませんか?

VPNの接続を切らずに、Amazonアプリを開くと海外アマゾンのページが表示されます。IPアドレスが海外なので当然ですよね。

一旦VPNを切断して、言語設定を変更しましょう。

まとめ:Amazonアプリの言語変更は超カンタン

一度やり方を覚えてしまえば、Amazonアプリの言語変更は数秒でできますね。

Amazonアプリが外国語になる原因は、この記事で紹介した以外にもあるかもしれませんが対処法は同じです。

英語になったAmazonアプリに困っている方が、無事にお買い物ができるよう願っています。

物価上昇中!欲しいものは今買っとこ!

海外から日本のAmazonで商品を購入する方法はこちら

海外在住でも十分元が取れる日本のAmazonプライムの記事はこちら