こころとからだケア

カナダで血液検査を受ける手順と注意点3つ

blood test in canada thumbnail

今回は、カナダで血液検査を受ける手順と注意点を紹介します。

「カナダで血液検査はどこで受けられるの?」「検査にはいくらかかる?」

こんな疑問をお持ちの方に読んでほしい記事です。

ちなみに、血液検査は英語で「Blood Test」とか「Blood Work」といいます。

もし、ドクターが「You need to have blood work done.」と言ったら、「血液検査が必要だ」という意味です。お仕事のことではありません(私は知らなくて恥かきました…)。

この記事を読めば、カナダでの血液検査のことがまるっと分かります。ぜひ読んでみてください。

血液検査の前にすべきこと

doctors-office
カナダで血液検査を受けるには、まずファミリードクターかウォークインクリニックへ行く必要があります。

というのも、カナダでは医師が書いた血液検査用紙がないと、外部の検査センターで血液検査を受けられないからです。(総合病院では、採血も検査も院内でできます。)

特に悪い所はないけど、定期的に血液検査は受けたい場合は、

I would like to take a blood test for a health check-up. (健康診断のために血液検査を受けたいです)

とお願いします。もちろん、ドクターの判断で血液検査を受けるよう指示されることもあります。

とにかく医師に会わないと始まりません。クリニックへの予約はお早めに

▽前回の私の検査用紙です。検査項目にチェックが入ってます。
laboratory-requisition

血液検査の費用

公的保険(BC州はMSP)に加入していれば、血液検査は無料で受けられます。(一部の特殊な検査は有料)

海外旅行保険を利用する場合は、血液検査(クリニック診察も)が保険でカバーされるか、保険会社に事前確認しましょう。

血液検査の手順

検査センターでの血液検査は、受付→待合スペース→検査ブースという流れです。

ここでは、私がいつも行く検査センターについて解説してます。場所によって、受付方法や検査手順は多少違うかもしれません。

▽ご近所の検査センター「LifeLabs」。
LifeLabs-front-door

▽正面ドアを開けるとこんな光景が目の前に現れます。
LifeLabs-waiting-area

こちらのセンターでは受付を2回します。

最初の受付ですること

○MSPカードの提示
○検査用紙の確認
○最後の飲食の時間(食事の影響が出てしまう血液検査を行う場合)

忘れ物があったり、絶食のはずが食事を済ませて来たりした場合、最初の受付で追い返されるので要注意!

問題なければ待合スペースで待つように言われるので、自分の名前が呼ばれるまで大人しく待ちましょう。

混み合っている時は、2つ目の受付まで1時間くらい待つことも。

「〇〇さん、XXの窓口へどうぞ!」と呼ばれたら、さっそくその窓口へ。検査はもうすぐです。

2つ目の受付ですること

○本人確認(氏名・住所・生年月日・電話番号)
○検査結果の報告先確認(ファミリードクター・ウォークインドクター・専門医など)

2つ目の受付を済ませたら、ついに検査ブースへ!

といっても、イスがあるだけです(笑)…座って看護師さんを待ちます。

▽前にある板を倒して、腕を置きます。
LifeLabs-chair

▽横を見ると、私の前の患者さんの採血が終わったところでした。
LifeLabs-view

看護師さんが来たら、右腕と左腕のどちらから採血するか決めてもらいます。もしあなたの好きな方があるなら、希望を伝えましょう。

採血自体はすぐに終わります。毎日何十人も採血している看護師さんなので、手際が良いし上手です。

採血後、気分や体調に問題がなければ、それで終了です。

血液検査の結果は1~3日であなたが指定した報告先へ送られます。(ファミリードクターに確認しました)

もし検査結果が「異常なし」なら、クリニックからは何の連絡も来ません。どうしても検査結果を知りたければ、もう一度クリニックに予約します。

ちなみに、LifeLabsはネットで検査予約・結果確認ができます。

対応しているのは、BC・ON・SKの3州です。詳しくはこちらから。

ただ、LifeLabsは2019年にサイバー攻撃を受け、患者の個人情報が不正アクセスされたことがあります(犯罪グループに身代金を支払って、情報を取り戻しましたが)。なので、ご利用は自己責任で。

血液検査を受ける際の注意点

検査センターへ行く前に注意すべき点が3つあります。

1.土日は混む
2.忘れ物厳禁
3.食事制限

1.土日は混む

実際、私も土曜日の午前中に行って、あまりの人の多さに驚いたことがあります。その時は待つのが嫌で家へ帰りました。

看護師さん曰く、「週末は患者さんだけじゃなく、家族や友人が付き添いで一緒に来るから、ここはいつも超満員よ(笑)」と言ってました。

やはり平日の昼間に行くのが一番空いていて、スムーズです。

でも、学生や会社員には難しいですよね。私が会社勤めしていた時は、平日の朝早く(午前7時~8時)にオープンする検査センターへ行ってました。

※混雑緩和のため、検査センターによっては要予約になっています。まずは検査センターのサイトをチェックしてください!

2.忘れ物厳禁

保険カードと医師が書いた検査用紙は必須です。

せっかく来たのに保険カードを持ってなくて、家に帰って取ってくるように言われてるおじいさんを見かけたことがあります。(仕方ないけどお気の毒…)

お出かけ前に忘れ物がないか必ずチェック!

3.食事制限

空腹時に血液検査を行う検査項目としては、中性脂肪や血糖値などがあります。

Fasting(断食・断飲)の指示を守らないと、正しい検査結果が得られません。医師に断食・断飲が必要な検査か確認しとくのがベストです。

検査用紙の備考欄に「Fasting for 〇 hours」と書いてある場合もあるので、検査用紙もよく見てみてください。

検査センターでは、最後の飲食の時間と内容を聞かれるので、すぐ答えられるようにしときましょう。

まとめ

いかがでしたか?カナダで血液検査を受ける手順がよく分かったんじゃないでしょうか。

血液検査のために、クリニック→検査センター(→クリニック)の手順を踏むのは正直かなり面倒ですよね。

もうこれは「カナダの医療システムってこんなもん」とあきらめて、さっさと検査を済ませるしかありません。

この記事が、これから血液検査を受ける方の参考になればうれしいです。